最近の投稿

雪道の上り坂はなるべく避けよう

普段雪が降らない地域に住んでいる人は、雪道での運転感覚を良く理解できていないため、旅行の際など雪国で運転する機会があったとしても、あまり重く考えない傾向があります。しかし、雪道は単純ではありません。アスファルトの上に雪が降り積もっているのは初冬の時期だけで、季節が進むにつれ積もった雪は踏まれるほか、気温の低下によって凍結し固くなります。更にその表面に雪が積もるため、滑りやすい路面が隠された状態になります。
このため、特に雪道の上り坂は、ロードヒーティングの設備が無い限り避けるのが懸命です。
上り坂ではスタッドレスタイヤでもグリップ力が大きく低下するため、坂の途中まで上ることができたとしても、ほんの少しアクセルを踏み込んでしまったり、ふとしたことがきっかけでタイヤがスリップしてしまいがちです。
雪道でタイヤがスリップすると雪が掘り起こされるため、固く凍結した路面が露わになり、余計滑るためそれ以上前へ進むことが困難になります。
このような場合、一旦後方へ下がり勢いをつけて上る必要がありますが、後方に車が連なっている場合は下がることもできないため、手立てが無くなります。交通の妨げになるだけでなく、業者を呼ぶ必要もあるなど、手痛い出費にも繋がってしまいます。

Comments are closed.