最近の投稿

雪道の走り方について知ろう

子供01雪国などの積雪が珍しくない地方に住む方にとっては、雪道の運転に慣れていることですが、近年首都圏や普段積雪しない地方でも突然大雪に見舞われることがあります。実際に雪の積もった道路を運転する時にはどうしたら安全なのでしょうか。
まず、雪用タイヤをお持ちでしたら履き替えましょう。夏タイヤしかなかったらチェーンを装着してください。これらがない場合運転することはおすすめしません。事故か走行不能に陥ります。雪道の走り方には鉄則があります。急発進・急ハンドル・急ブレーキなどの「急」がつく操作はしないということです。近年はABSというロックしないブレーキが搭載されていますが、それでも即座に反応できず思ったような挙動をしない場合があります。もちろんスピードは控えめにして安全に止まれる速度を意識してください。また車間距離を長めにとらないと、咄嗟の場合に制動できなくなり、衝突に至ることがあります。道路に轍(わだち)ができていたら、轍を外さずに走行しましょう。轍を外して走行すると、途端にスリップして制動不能に陥る場合があります。その場合もABS機能によってタイヤがロックしませんので、思い切ってブレーキを踏みましょう。

Comments are closed.