最近の投稿

操縦性と室内空間

自動車の駆動方式とエンジンの設置場所でいくつかのタイプがありますが、中でもRRは独特です。RRはリアにエンジン、ミッションを置くことで後輪駆動な車です。現在では一部のスポーツカーで採用されているだけになっていますが、車として利点と欠点がとても大きく出ると言われています。RRのメリットは前輪操作、後輪は動力を伝えると分けて考えられることです。RRは大馬力にも対応しやすく、また、前輪は操作だけなので回転性も高くなります。また、後ろにエンジンもあることで地面に力を入れやすく、登坂力が高いです。その反面、欠点としてあるのが操縦性の難しさと室内空間の狭さです。前輪で操作しますが、後ろからの強烈なトルクはハンドリングがオーバーステアになりやすく、上級者向けの車と言われています。また、エンジンやミッションが後ろにあることでシフトやブレーキなどの配管の取り回しが厳しくなることもあり、室内はとても狭くなります。現在RRで市販されている代表はポルシェですが、改善は加えられていますが、車幅の割に乗車スペースが狭いと言われています。RRは独特のハンドリングとパワフルな走行が楽しめるのでファンが多く、根強い人気となっています

Comments are closed.