最近の投稿

ハイブリッドカーのバッテリーの種類と特徴

ハイブリッドカーには一般車と同じような電気系統の為の12ボルトのバッテリーも積まれていますが、電気を利用して駆動する部分がありますから、当然、駆動用バッテリーが搭載されています。初期のハイブリッドカーの駆動用バッテリーはすべてニッケル水素充電池でした。ニッケル水素充電池はパソコンのバッテリーや充電式乾電池にも使われている御馴染のものであり、コストが安く済むといった利点から自動車にも利用され、現在でもハイブリッドカーの駆動用バッテリーの主流です。しかし大型で重量があり、メモリー効果による弱点が指摘されていました。メモリー効果とはバッテリーが完に放電終了する前に充電を繰り返すと、次第に充電できる量が少なくなっていく現象を指します。そうなると駆動バッテリーを交換するしかなくなり、初期のハイブリッドカーでは車検時のバッテリー交換の費用等が懸念された事もあります。これに対しリチウムイオン充電池は携帯電話で使われているもので、大変小型で軽量でメモリー効果がない事で有利なのですがコストが高価な為、最新のハイブリッドカー数種で使われている状況です。最近ではニッケル水素充電池も小型軽量化、メモリー効果の減免に成功しているのです。

Comments are closed.