最近の投稿

頻発しやすい!バッテリートラブルの種類を知ろう

自動車を構成する大事なパーツの一つにバッテリーがあります。電力を供給するという大切な役割を果たすものですが、基本的にはユーザー自身が管理するものなので、十分な管理が行き届かずトラブルを招くこともよくあります。
トラブルの代表的なものがバッテリー上がりです。この状態になるとエンジンをかけることができなくなり、走行不能の状態になってしまいます。ライトのつけっぱなしや過剰な電力消費、バッテリーそのものの寿命などがこのトラブルの原因です。このような状況にならないためには日々のメンテナンスが大切ですが、特に内部の液体は徐々に減っていくものですので、少なくなったらすぐに補充するように心がけましょう。
またこのバッテリー液の減少は、違う種類のトラブルを招く可能性があることにも注意しておかなければいけません。近年発生したバッテリーの破裂事故は、この液不足が原因とされているのです。メンテナンスフリーの製品も登場していますが、液体が全く減らないわけではありません。3カ月から半年に1回はエンジンルームを開けて目視で液面を確認するようにし、2年から3年の交換時期が来たらすみやかに新しいものに交換することが重要です。

Comments are closed.