最近の投稿

自動車重量税の特徴とは

自動車重量税とには、いくつかの特徴があります。まず支払うタイミングです。これは自動車の新規登録をした際と車検の際に、車検証の有効期限分をまとめて支払います。ですから、新車を購入し登録した際に支払い、その3年後、車検を受ける時に支払い、それからは2年ごとに、車検が来た時に支払うと言うわけです。それからこれは、自動車の重量にかかる税金です。そのため、自動車の重量によって税金が変わってきます。自家用車の場合は、車両の重さ0.5トンごとに税率が変わるようになっています。軽自動車の場合は、車両の重量に多少の差がありますが、軽自動車と言うジャンルとして総括されているため、税額は一定です。ただし新車登録時から13年以上経過すると税率は上がり、そこから更に18年以上の経過になるとまた税率がアップします。また国が設定した燃費基準を満たしている、または排出ガス性能に優れた、環境に優しいとされる自動車、いわゆるエコカーに関しては、燃費基準の達成度合いによって、自動車重量税の減税措置を受けることができます。次世代車と呼ばれるような、電気自動車やグリーンディーゼル車の場合は、自動車重量税は全額免除されます。またこの減税措置は、ノンステップバスやユニバーサルデザインタクシーなどの、バリアフリーの商業用車に対しても適用されます。そして車検の有効期間内に、その自動車が廃車となり、その自動車が『自動車リサイクル法』に基づいて、適切に処理された場合に限り、自動車重量税は車検残存期間に相当する還付を受けることができます。

Comments are closed.