最近の投稿

自動車税の特徴とは

自動車税は白ナンバーかあるいは緑ナンバーの1から8ナンバーまでの車両が対象となる税金です。なお、0ナンバーと9ナンバーは固定資産税の対象のため、この税金は課税されません。
毎年4月1日現在の所有者に対して課税するもので、その1年間分を課税されます。年度の途中で名義変更をしても納税義務者は原則として変わりません。年度の途中でこの税金が還付されるのは、原則として抹消登録を行ったときだけです。この抹消登録とは運輸支局での車検書の名義を抹消したことを指します。一般的に廃車と呼ばれている行為になります。
この税金では所有者に課税されますが、例外として所有権留保付き売買つまりローンで自動車を購入した場合、使用者を実質的な所有者と見なすため、この場合のみ使用者に課税される仕組みです。この場合、ローンの返済が終われば速やかに所有者の移転登録を行う必要が生じます。
この税金は、納税を済ませておかなければ、運輸支局での車検が受けられません。車検の申請時に必ず自動車税の納税証明を求められます。これは車検の時以外にも期間が延長される構造変更時にも求められますから、滞納等がある場合に必ず徴収される特徴がある税金となっています。

Comments are closed.