最近の投稿

トレッドについて

普通の道路を走っている車のタイヤは、必ず溝が切られています。この溝のことをトレッドと呼び、この溝の形状・パターンをトレッドパターンと呼んでいます。
サーキットを走るレーシングカーのタイヤにはスリックタイヤという溝がまったく切られていないものもありますが、このタイヤを公道に持ってきて走ると非常に運転しにくい(というより明らかに危険)です。
なぜトレッドパターンが必要かというと、まず排水性の問題があります。道路が雨で濡れている状態だと、道路とタイヤの間に水が入り込みます。そうすると、ちょうど水の膜ができてしまって、タイヤが路面をグリップしなくなってしまいます。この水を排水するために、溝が必要になるのです。
また、道路は舗装路だけでなく未舗装の道や積雪・圧雪の場合もあります。このときも、溝のパターンを変更して、より路面をグリップするように、タイヤを変えなければならない場合もあります。特に、スタットレスタイヤの場合は、夏タイヤよりも細かい溝がたくさんついていますが、これは凍った路面をよりしっかりグリップするためにこのような溝になっているのです。
このように、非常に重要な役目を持っていますので、溝が減ってしまったタイヤを使い続けるのは非常に危険といえます。

Comments are closed.