最近の投稿

タイヤの仕組みと役割とは

タイヤの役割を簡単に言うと、ホイールにかぶせてサスペンションに取り付けることで、車を走らせるようにすることです。その際に路面からのショックを和らげたり、グリップを効かせて止まったり、曲がったりできるようになっています。

しかし、その構造や仕組みを知ると、多くの優れた技術が一本、一本の中に投入されていることがわかってきます。たとえば、多大な荷重がかかるわけですが、バーストすることなく、しっかり支えることができるようになっています。しかも、高速で回転してもびくともしない構造になっています。

また、高速で回転するために発熱しますが、その熱によって溶けることもなくしっかり受け止めて、外に逃がすことができるようになっています。さらに外部からの衝撃を受け止めて、簡単にバーストしない頑強さも持ち合わせていたり、空気が漏れないようにしっかり防いだりする役割もあります。

基本的な構造は、トレッド部、ショルダー部、サイドウォール部、ビード部からなります。この内、トレッド部が目に見える外側の部分で、骨組みであるカーカスを保護し、摩耗や外傷を防ぎます。また表面にはトレッドパタンが刻み込まれています。このパターンの違いによってグリップ力や静粛性、燃費、排水性などの性能が大きく変化します。

Comments are closed.