最近の投稿

低公害車への税金制度とは

自動車を利用している人は、決まった税金を、決まったタイミングで支払う義務があります。こうした税金の一例としては、自動車を取得したことに対して発生する自動車取得税、自動車の重量に対して発生する自動車重量税、そして排気量によって税金が変わることからクリーン税とも呼ばれることもある自動車税が挙げられます。これらの税金の金額は、自動車の種類や重量、そして排気量によって定められています。その金額を支払うことが基本となっていますが、そうでない自動車もあります。それが低公害車に該当するような、環境に対して負担の少ないことが認められている自動車です。たとえばガソリンではなく電気で駆動する電気自動車とか、エンジンとモーターの両方を動力源とするハイブリッド車などがこれに該当します。またそれ以外にも、空気を汚す排気ガスの量が少ない自動車や燃費が良い自動車も低公害車に該当することもあります。これらの低公害車に対しては、エコカー減税と呼ばれる制度が適用されます。低公害車に対しては、国が燃費基準や排出ガス基準を設定しており、それをどれくらい満たしているかによって減税されると言うのがエコカー減税です。最も高い基準を満たしている自動車に対しては、自動車取得税や自動車重量税が全額免除になることもあります。なおこの減税の適用に関しては、基準を満たしている低公害車であれば、普通車、軽自動車を問うことはありません。

Comments are closed.