最近の投稿

首都圏で雪が降った時に注意すること

首都圏では、豪雪と言う程の雪が降ることはめったにありません。しかしだからこそ、少しの降雪でも交通機能がマヒしやすく、大混乱が発生することも考えられます。ですから冬になったら、まずはタイヤを冬用のものに交換しておくのは必要最低限の準備だと言えます。これだけでもずいぶんと、運転の際の安全性は高くなります。そしてその上で注意することとしては、いつも以上にスピードを抑えて走行すること、ブレーキを急に踏まないこと、そのためにはいつもより距離を多くとっておくことが挙げられます。スピードを落として運転すると言うことは、目的地に到着するまでの時間がいつもより長くかかると言うことですから、余裕を持って出発することも必要です。また運転中の降雪に備えウォッシャー液を、そして渋滞の際にガソリン切れならないようガソリンの残量を確認しておくのもドライバーに求められることです。そして首都圏において、雪道に慣れていないと言うのはドライバーに限った話ではありません。歩行者や自転車を運転している人も同様です。そのため、歩行者が足を滑らせて転倒してしまったりするケースなども考えられます。そうした予期せぬ事態に備えて、道路を利用している自分以外の人にも細心の注意を払うことも必要です。

Comments are closed.