最近の投稿

障害者への税金制度とは

自動車はいまや一家に一台の必需品ですが、特に障害のある人の場合には、ひんぱんにリハビリや検査、治療などのために自宅から病院などの施設までを移動しなければならず、経済的にも大きな負担となります。そこで、障害者への税制配慮として、自動車税や自動車取得税の減免制度が設けられています。これらは都道府県の条例によって決まっているため、都道府県ごとに細かな違いが生じている場合もありますが、身体障害者手帳を所持している場合には、障害のある部位と等級に応じて、実際に減免されるかどうかが決まります。そのほかの療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の所持者についても、やはり一定の等級に該当することが条件となります。なお、手帳を所持している本人が所有する自動車で、本人がみずから運転する場合のほかにも、同居している家族などの一定の範囲の人が送り迎えで利用するという場合について、こうした減免が認められることがあります。減免を受けるためには、あらかじめ都道府県税事務所などで申請をしておく必要があり、その際には車検証、運転免許証、手帳、印鑑、場合により世帯全員が記載されている住民票などの書類の提出を求められることがあります。

Comments are closed.