最近の投稿

車両の電力供給はどうなってるの?

車に必要とされる電力は、エンジンの出力で発電した電気をバッテリーに充電して蓄えるという形で供給されています。エンジンや照明、計器など様々な箇所に必要に応じて分配する仕組みとなっています。消費された分の電力も繰り返しエンジンの発電によってバッテリーへと補充されます。バッテリーはとても重要な部品であると言えます。年々バッテリーの性能は向上していると言われていますが、あるデータによると走行時のトラブルで一番多いのは、キーの閉じ込みやタイヤのパンクを抑え、バッテリー関係のことであるとされています。
バッテリーのトラブルは主に、消費する電気の量が電力供給の量や蓄えてある電気の量を超えてしまったときに起こります。近年では電装品も増えているためこのようなトラブルが起こりやすいのではとも言われています。このようなトラブルを防ぐには、エアコンの温度やワイパーの使い方などに気を付ける事が大切です。ワイパーのゴムが古いままだと余計な負荷がかかり、バッテリーへの負担も重くなってしまうので、劣化したゴムは直ちに交換しましょう。その他、夜間にヘッドライトを使用する際にも電力消費を抑えるように気を配りましょう。バッテリー自体のメンテナンスも忘れずに行いましょう。

Comments are closed.