最近の投稿

すべり止めの重要性

車は、必要とあれば一年中走ります。
走る時の状況は、晴れているとは限らず、大雨や雪の時もありえます。
そのようなときに、タイヤのすべり止めがなければ、よほどの運転技術がなければ、たちまちスリップして大事故になるのです。
すべり止めというと、雪道であればチェーンを巻いて対策をします。
しかし、雨では道路を傷つけることになりますから、チェーンを巻くことは出来ません。
また、タイヤの溝を深くすることで、より雪に食い込むことが出来るスタッドレスタイヤというものもあります。
雪道ではチェーンにすべり止めの性能は劣るものの、わざわざ取り付ける手間はいらず、またチェーンが禁止されている普通の道でも走ることが出来ることが魅力です。
ここで注意しなければいけないのは、スタッドレスタイヤの溝や雪には効果的ですが、雨に対しては溝が多くなる分、接地面積が少なくなり滑りやすくなります。
そういう場合にはすべり止めスプレーという方法もあります。
スプレーをタイヤに吹きかけると、粘度が高くなり滑りにくくなるのです。
チェーンやスタッドレスタイヤとは違い、しばらく走れば効果が切れてしまいますが、タイヤやチェーンの取り外しをする手間がないということが魅力です。

 

Comments are closed.