最近の投稿

ショルダーについて

ショルダーとは、タイヤの肩の部分で、トレッドの両端に位置しています。タイヤの骨格であるカーカスを保護する役割、道路との摩擦で生じる熱を発散する役割を持っています。タイヤには溝がありますが、この部分の溝がなくなると操舵性能が著しく低下するという危険性を備えています。摩耗していないかの確認は特に注意しましょう。

更に形状によってラウンドとスクエアという2種類に分けられます。その名前も由来していて、ラウンドの場合は柔らかな曲線を描き、スクエアでは角ばっているのです。ほかにも違いがあります。ラウンドは一般道を走行するクルマのタイヤに多く採用されていて操縦安定性に優れ、滑らかなコーナーリングを行う事ができます。対してスクエアはハイスペックタイヤやスノータイヤ等に使用されています。接地面が広く、路面に食い込ませてグリップを得る作用をします。それだけではなく、同じ車で、内輪と外輪でラウンドとスクエアを使い分けることも可能です。

タイヤは他にも、ブレーカーコード、カーカスコード、ホイールリム、トレッド、サイドウォール、ビードに分かれています。更にゴム層やベルト、カーカス、ビードワイヤーなどによって成り立っています。

Comments are closed.