最近の投稿

レギュラーガソリンとは?

ガソリンスタンドに行くと、レギュラー、ハイオク、軽油の3つに分類されています。ほとんどの人がレギュラーガソリンを選択していますが、この3つの大きな違いがわかる人は少ないでしょう。まず自動車は、ガソリン車とディーゼル車に分かれます。遠距離を走るトラックなどはディーゼル車がほとんどです。価格を見たらわかるように軽油の値段は安いのが特徴です。ディーゼル車は軽油を使って走るので、それ以外のものを入れては故障の原因となります。ではハイオクとの大きな違いは何でしょうか。ハイオクは、オクタン価とよばれるノッキングが少ないものを指しますこれは車に与える振動のことで、少なければ少ないほど高オクタン価とよばれ、価格も高くなります。最近の車は性能もよいのであまり気にする人も少ないですし、ハイオクを入れた車に乗ったことがない人は、その違いもわからないでしょう。しかし車好きの人にとっては、レギュラーとハイオクには雲泥の差があり、車に乗って運転すれば明らかにその違いがわかるようです。価格で選ぶか質で選ぶかは人によってそれぞれ違います。特に問題がなければレギュラーで十分ですし、こだわりたいのであればハイオクをおすすめします。

Comments are closed.