最近の投稿

オイル交換サービス

自動車のエンジンを動かすのに極めて重要な役割をするのがエンジンオイル。よく人間の血液に例えられます。つまり、エンジンオイルと人間の血液は全く同じ役割を持っているからです。
エンジンオイルはずっと使い続ける事が出来ません。新しくしてから時間が経過したり長い距離走行すると、オイルが汚れたり劣化するため定期的な交換が必要です。もしオイル交換しないでそのままにするとエンジンや自動車が故障する原因です。
それでは、どのタイミングでどこでオイル交換するのかと疑問に感じるでしょう。まず、タイミングとしては前回交換してから「6か月経過時または5,000㎞走行した時」です。どちらか先に達した時点で交換が必要で、6か月経過して1,000㎞しか走行していなくても、2か月で5,000㎞走行した場合でも汚れや劣化が発生するからです。
どこで交換するのかと言うと、自動車の構造に知識があって必要なオイルや工具を用意出来て、古くなったオイルの処分場所があるならばあなたご自身でも十分可能です。それが出来ないとなるとガソリンスタンド、カーショップ、カーディーラーに依頼します。ガソリンスタンドだと工賃(作業料金)が発生しない事が多くオイル本体の料金のみです。カーショップ、カーディーラーだと概ね500~1,000円程度(店により異なる)オイル本体料金プラスの工賃が必要です。
ガソリンスタンドは最近、オイル交換や車検等のカーケアーに取り組む店が多く自動車整備士が常駐する事も珍しくありません。技術力・サービスレベルはカーショップ等と同じレベルになりつつあります。

Comments are closed.