最近の投稿

メリットとは

RRは、後輪車軸より後方にエンジンを配置し、後輪を駆動させるエンジンレイアウトです。
レースにおいてリアエンジン後輪駆動は、車体後部にエンジンやトランスミッションなどの大部分の重量が集中させている為に、速度がますに連れてダウンフォースが不足する傾向があり、高速走行時や悪天候時にはフロントが不安定になる傾向があります。特に高速コーナーリング時には、車体後部に配されたエンジンなどの重量により車体後方部を外側へ押し出す力が発生し、加えてフロントから加重が逃げ易い車両特性の為にスピンし易い傾向があるとされています。
しかし、リアエンジン後輪駆動は、フロントエンジン前輪駆動と同様に駆動伝達部品が少なく小型で済む為に車重を軽減する事が出来、発進時には後部に搭載されたエンジンなど重量が駆動する後輪に掛かり、トラクションが非常に良いとされ、ホイルスピンが軽減されます。
日本の乗用車に多いフロントエンジンでブレーキをかけた場合は、フロントタイヤに荷重が偏る為に制動距離が伸びてしまいます。しかし、リアエンジン後輪駆動のブレーキ時には、荷重の掛かり難いとされる後輪タイヤにもバランス良く荷重が掛かる為に車体の姿勢が安定し、優れたブレーキ性能を発揮するメリットがあります。

Comments are closed.