最近の投稿

急の付く動作はしないこと

冬の雪道の運転は気を遣うものです。雪道に慣れている方であればどういう挙動をするか、経験から予想できる部分も多いのですが、普段積雪することのない地方で思いがけず雪に見舞われると、いつも通りの運転をしているだけでも危険に至る場合があります。
雪道の運転で気を付けなければならないことは、急の付く動作はしないことです。急発進・急ハンドル・急ブレーキは避けましょう。積雪している道路で急発進しようとすると、タイヤの下の雪が掘れてスタックしてしまうことがあります。駆動方式がFRですと、急にテールを振ってスピンしてしまうこともあります。ゆっくりとアクセル操作することで雪を引っ掻かずに済みますので、いきなりアクセルペダルを踏み込むことは避けましょう。急ブレーキと急ハンドルは、車間距離と関係することが多くなります。前との距離を十分取っていないと、前方で何か起こった場合にブレーキやハンドルを操作しても制動距離は長くなり、ハンドルを切ってもアンダーステアが起こりやすくなります。乾いた道路では普通にできると思っていることも、雪道では予想もしないことが起きます。前との距離や時間、あるいはスピードなど、全てのことに余裕をもって運転しないと、衝突事故なども避けられません。

Comments are closed.