最近の投稿

車の購入時に必要な税金について

車を購入する場合、本体にかかる購入費用だけでなく様々な税金が発生します。購入時には、本体価格のほかにも発生する費用を計算して買う必要があります。かかる税金の代表は、消費税です。割合が8%と最も大きく、高額な買物をする場合にはかなりの負担となります。次に本体に対してかかる税金があります。これは毎年4月に所有者が1年分を支払うものですが、購入した年は月ごとに割った代金を支払いことになります。ほかに、自動取得税と呼ばれるものがあります。これは自宅用に使用する場合だと、取得した価格の5%支払う必要がある税で、100万円のものを買えば5万円かかります。また重量に応じて支払わなければならない税もあります。検査が3年ごとにある自宅用のものであれば、重量が0.5トンごとに2万円程度の費用が発生する仕組みです。そのほか、オプションで装備をつける場合には、その分の費用もかかります。総額で考えると、約15%が税金で占められており、購入時にはそのこと頭に入れておく必要があります。また買ったものがエコカーである場合には、減税の対象になる場合があります。新しいものであれば、減税または免税になる場合があり、時期によってはかなり得な買物も可能です。

Comments are closed.