最近の投稿

車の維持にかかるコストの全貌について

毎日の生活に欠かせない存在になっているのが自家用車でしょう。通勤や通学に使うという人も多く、さらには買い物など日常でも使う人が多いのが、特に地方の人たちです。交通手段としてとても重要な位置づけになっているのです。しかし、車に乗るためには、所有する必要があります。本体の費用も必要になるのですが、意外にもそれだけではないことを知っておくようにするといいでしょう。
車の維持費としては、各種いろいろな費用がかかってきます。本体を購入する際には諸費用がかかります。新規ではかなり高額になるのですが、自賠責や重量税なども込みになってきます。中古でも状態によってかなり諸費用がかさむこともあるのです。それに毎年かかってくる自動車税です。排気量や大きさによっても異なりますが、最近はクレジットカードやコンビニでも支払いができるようになっています。車検はかなりコストがかかるものであり、新規登録から丸3年、その後2年ごとにその費用がかかることになります。種類によっても違うのですが、10万円程度はみておくほうがいいでしょう。
また、意外に重要なのが任意の保険料と毎年の定期点検の費用などです。任意保険は自賠責でカバーしきれない部分を補います。定期点検は法的な義務付けはないのですが、やっておくと安心して乗ることができます。そして日頃かかる費用としては、パーキングの料金やガソリン代などがあります。

Comments are closed.