最近の投稿

高速走行の安定性

自動車における大きな分類としてエンジンの位置による分類を行うことができます。3
自動車における非常に重量のあるエンジンの位置及び駆動軸の位置により、それぞれに車の運転特性の違いが出てきます。
エンジン位置での分類としては大きく3分類に分けることができます。
エンジンルームが車前方にあるFF(一番オーソドックスな形)、中央部に位置するMR、そして後方に位置するRR二分することができます。

RR(リヤエンジン・リヤドライブ)の特徴としては、重力が後方にあるため、自動車の発進時において非常に安定していることが挙げられます。また、後方に配したことで前輪の操縦性を確保しながら、室内空間を広くすることができることも大きな特徴です。
が、RR(リヤエンジン・リヤドライブ)の一番のデメリットは、重量のあるエンジンが最後部ということで、高速運転時における安定性が非常に悪く、このエンジン配置を採用している自家用車が現在、車種としては少ない所以にもなっています。
ただ、大型バスなどでは、エンジンが後方、下部になるこの配置は、室内空間の静粛性を確保向上するに当たり、非常に有効であることからRRの駆動方式が多く採用されています。

Comments are closed.