最近の投稿

金属チェーンの装着方法

冬季の積雪時や、路面が凍結しているなどの滑りやすい状況では、安全に走行するためにタイヤに滑り止めの対策を取らなければなりません。
雪国などの場合であれば、雪が降るシーズンに合わせてスタッドレスタイヤに交換するのが適切ですが、普段は雪が降らない地域に住んでおり、たまに積雪地帯に行くというのであればチェーンを携行しておくと安心です。
チェーンには金属製のものと、非金属製のものの2種類がありますが、より確実な滑り止め効果を得るのであれば金属チェーンを使用するのがおすすめです。
金属チェーンあ、装着時にねじれが無いように確実に取り付けることが重要です。
また、表裏を間違えやすいので、夜間などに取り付ける際には注意が必要です。ねじれや表裏を間違えると、走行時の振動や騒音が激しくなるだけでなく、チェーンが破損してしまうという事にもつながります。
装着時は、タイヤの前に予めチェーンを広げておき、チェーンの真上に車を移動させて取り付ける方法もありますが、難しい場合にはジャッキアップするのも有効です。
金属チェーンを使用したあとは、水気を十分に乾燥させて保管しておくことも大切です。
濡れたままで放置しておくとサビが発生してしまい、チェーンの寿命を縮めてしまいます。

Comments are closed.