最近の投稿

軽自動車税の特徴とは

軽自動車税は、そのナンバープレートの交付を行った市町村から課税される地方税です。4月1日現在の所有者に一年間分が課税される点では、白ナンバーや緑ナンバーの普通自動車の自動車税とほぼ変わりません。ただし、年度の途中で抹消登録が行われても、この税金は還付されないことが大きく異なる点です。
また、軽自動車は普通自動車のいわゆるコンパクトカーと遜色がないほど大きくなっていますが、税額の点で大きく異なっています。3倍から4倍程度、軽自動車の方が安いことや燃費も軽自動車の方がいいこともあって、こちらを選択する人が多いのが現実です。ただ、軽自動車税自体はその普通自動車と余りにも税額が離れているとして、不公平感があるということから、増税されてきています。新車の場合はたとえば7200円の税額だったものが10800円になるなど、1.5倍程度に増税されて軽自動車といえども税の負担感が増してきているのも事実です。
今後もこの税額の差は折に触れて問題になるでしょう。人口減と税収不足から、この不公平感を持ってまた増税したいと行政当局が考えるのは間違いがなく、軽自動車税も普通自動車並みの税額になる可能性は捨てきれません。

Comments are closed.