最近の投稿

発進・ブレーキの安定性

クルマが発進する時、フロントにエンジンを積んだクルマだと、フロント部分が重いことによって、荷重が前にかかってしまいます。これは何を意味するかと言うと、後輪が進もうとしているのに、重いフロントのせいでブレーキがかかっている状態になっているということになります。これではクルマのパワーを無駄にしてしまいます。そこで、よりスポーティーな車種では、エンジンをリアに搭載しているのです。リアに重いエンジンがあることで、発進する際にリアに荷重がかかってトラクションがかかりやすい状態になります。つまりエンジンのパワーを無駄にしないレイアウト方式なのが、RRやMRといったエンジンレイアウトになるのです。さらに、ブレーキングの時には、リアにエンジンがあることで重いリアに荷重がかかって、より止まりやすくなり、安定性も増します。フロントエンジンでリアドライブのクルマに比べると、発進時もブレーキング時も後輪にトラクションがかかりやすい分、RRのクルマは安定するのです。それはつまり、スポーツ走行に向いているということに他なりません。よりスポーティーな走りが可能で、しかもトルクフルでグリッピングの良い走りが実現するのがRR車の最大のメリットになります。

Comments are closed.