最近の投稿

ハイオクとは?

無鉛ガソリンには、レギュラーとハイオクの2種類があります。それぞれのクルマに指定されたガソリンを選ばなければなりませんが、そもそも両者の違いはどこにあるのでしょうか。この両者の違いは、オクタン価の違いで分けられています。オクタン価というのは、エンジンのノッキングを起こしにくくする数値のことで、オクタン価が高いほど、ノッキングが起こりにくくなり、スムーズにエンジンが回るようになります。

レギュラーのオクタン価は85~92程度であるのに対して、ハイオクのオクタン価は98~100程度の設定となっています。このハイオクという呼び名は、オクタン価が高いという意味で、英語のハイとオクタン価のオクが合わさってできた言葉です。オクタン価が高いほど引火点が高くなって燃えにくくなるのですが、混合気を高く圧縮することができるために、燃焼時のエネルギーを大きくすることができます。それによりノッキングが起こりにくくなります。

また、最近販売されているハイオクガソリンは、エンジンの燃焼室から不純物を除去するために清浄剤が含有されています。そのため使い続けることによって、蓄積されたカーボンなども除去でき、燃費が向上したり、エンジンの寿命がのびたりするメリットもあります。価格はレギュラーよりも割高ですが、その効果を考えると、決して高すぎることはありません。

Comments are closed.