最近の投稿

デメリットとは

RR(リヤエンジン・リヤドライブ)とは車の後輪の車軸よりも後ろにエンジンを搭載するとともに、駆動輪も後輪にしている車です。前にエンジンを置くのと比較して運転席を低く保ったまま、車内のスペースを広く確保できるという特徴があります。この特性を生かしているのが大型バスです。

しかしいいことばかりではなくデメリットも存在します。まず製造コストが高くなることがあげられます。エンジンが後方にあるため、エンジンに走行風が当りにくく、冷却装置をどうするか考える必要があります。エンジンの熱と振動が後席に伝わりやすいのも弱点であり、高速走行時の安定性が悪いのも大きな欠点です。

RRにしようとするとどうしても車の重量は後方に集中してしまいます。すると高速走行時には前輪への荷重が不足してしまい、前輪の接地性が低下してしまうのです。そのため乗用車ではほとんど採用されない駆動方式です。

またメンテナンスをするときも難しいです。メンテナンスの内容によってはエンジンを取り外す必要がある場合もあり、整備費が高くついてしまう場合があります。

このような弱点があるため乗用車ではあまり採用されないのですが、バスの場合はスポーツ走行を考える必要がないこと、運転席とホイールベース間の低床化が可能になること、プロペラシャフトが必要ないことなどの理由からRRのほうが適している場合もあります。

Comments are closed.