最近の投稿

カーカスについて

自動車のタイヤは、高速回転や熱、衝撃や変形に耐えなければなりません。
ただ単に強靭なだけではなく、しなやかさも同時に必要なタイヤは、
ワイヤー、繊維、ゴムなどが複雑に組み合わさって出来ています。

その中でもカーカス(プライ)は全体の形を決定するタイヤの骨組みにあたります。
その構造は本体となるゴムに繊維(コード)の層を何枚も重ねて、
外からの荷重や内側の空気圧に対しての強度を保っています。

この層の数のことをプライといい、そのコードの方向によってラジアル(放射状)とバイアス(斜め)があります。
ラジアルタイヤの場合、コードがタイヤ断面方向のみの力しか支えられません。
そのため、接地面であるトレッド部にベルト(補強)を設けて周方向の力を支える構造となっています。

対してバイアスタイヤの場合、コードがトレッド中心線に対して斜めに配置されています。
コードの層が1枚ではねじれてしまうため、複数枚を重ねて構成されているのが特徴です。

更に共通してビードと呼ばれる部分がホイールとの固定部分であり、この部分もリング状の補強構造をしています。
このようにタイヤは複数のワイヤーや繊維などで互いを補強しあう構造となっています。

Comments are closed.