最近の投稿

バイクのバッテリーの種類と特徴

バイクのバッテリーには密閉式と開放式があります。密閉式はメンテナンスフリーバッテリーといわれ、近年の主流となっています。その特徴は名前の通りメンテナンスの必要がほとんどないことです。唯一必要なことはバッテリーの充電です。充電には専用の充電器が必要です。充電方法は充電器のプラスコードをバッテリーのプラス端子へ、同じくマイナスコードをマイナス端子につなぐだけです。注意点は配線を確実にすることです。間違えるとショートし故障の原因となります。プラス側は各メーカー共通で赤色をしているので確実に接続してください。開放式は従来型のバッテリーです。密閉式との違いはバッテリー液の補充が必要なことです。バッテリー液は環境や使用状況によって減る量が違います。バッテリー液が少なくなると電圧が低下しバッテリー上がりの原因となります。点検方法はバッテリーを側面から見て液面が上限と下限のラインの間にあれば適正量です。少ない時は補充してください。補充方法はバッテリー上部のキャップをはずしバッテリー液を適正ラインを目安に補充します。注意点はバッテリー内はセルといわれる板で仕切られているため12Vは6つ、6Vは3つに仕切られています。各セルごとに補充する必要があります。バッテリー液の減り方もそれぞれ違うので、液面の高さが同じになるように補充してください。

Comments are closed.