最近の投稿

ベルトについて

自動車のエンジンにはタイミング、ファン、オルタネーター、エアコン、パワステアリングの各部分に5種類のベルトがあり、それぞれ大切な役割を担っています。タイミング部分には自動車のエンジン部品の呼び名で、カムシャフトを駆動するコグドを指します。一時はタイムングチェーンに変わる存在でしたが、チェーンの改良によって新型のエンジンに使用されることが少なくなっています。ファン部分にはラジエーターの冷却ファンを回すためのもので、走行中に必要な伝記を発電するオイルネーターにも駆動を伝えていて、同じ部分にパワーステアリングポンプに駆動を使えるものとエアコンのコンプレッサーを駆動させるためのものと何本もの物が取り付けられています。オルタネーター部分にはローラーチェーンや歯付きのものなど、同じ巻きかけ伝動装置の一つで、動力の伝達に摩擦力を使うドライブの1つで、断面の外側が広く内周側が狭いので、台形を逆向きにしたV字の形状をしています。エアコン部分にはエアコンのコンプレッサーを回すためのものです。パワーステアリング部分にはぱわすてを作動させるために、エンジンの回転をオイルポンプに伝えると言う役割を担っています。

Comments are closed.