最近の投稿

ありがち!バッテリートラブル集

家族01車のトラブルの中でも特に厄介なものの一つがバッテリーに関するものです。
バッテリーは走行に必要な電力を供給するため、トラブルが起こってしまうと立ち往生といった状態になってしまうこともあります。
特に多いトラブルの原因が、バッテリーの劣化による充電不良です。
走行中はオルタネーターによって充電を同時に行っているのが正常な状態ですが、劣化によって充電効率が低下することで消費電力が充電されている電力を上まってしまうことがあります。
そのため、対策としては定期的に劣化具合を点検し、適宜新しい物に交換することが大切です。
また、バッテリー液が規定よりも少なくなっていると正常な充電が行われなくなります。
目盛りよりも水位が下がっている時には専用の充填液を足しておく必要があります。
一般的には蒸留水などを使用しますが、あまりに液が少なくなっている物は液を補充するだけでは効果がない場合もあるので注意が必要です。
また、夏場などにエアコンを長時間使用していると、同様に消費電力が過大になってしまい、バッテリー上がりを引き起こしてしまうことがあります。
特に渋滞中などでは充電効率が落ちてしまうため、たとえ交換したばかりのものでもトラブルのを起こしてしまうことがあります。

Comments are closed.