最近の投稿

ABSは付いていると安心です

ある程度のスピードで走行中に急ブレーキを掛けると、タイヤがロックしてしまいスリップすると同時に、ハンドル操作が効かなくなるため危険な状況に陥ることになります。
この状況を改善するテクニックとして、ポンピングブレーキが使われます。ポンピングブレーキは、タイアがロックしない程度の小刻みな間隔でのブレーキングを繰り返すもので、これを自動的に行うのが自動車に搭載されているABSです。ABSはアンチロックブレーキシステムの略称で、近年はほぼ標準となりつつあり、一部では義務化も進んでいます。
濡れた路面や雪道など、摩擦の小さい路面で急ブレーキを掛けた際に自動的に作動するため、タイヤがロックせず制動距離が短くなり、結果的に追突事故など交通事故の防止に繋がります。雪道ではブレーキによって横滑りが発生することもありますが、ABSによって体勢が保たれるため、安定した操作が可能になり接触事故も減少するなど、安心して運転することができます。
ABSが作動した際には通常時と違った動きになるため、安全な場所で事前に急ブレーキを掛け、どの程度で停止することができるか、どのような挙動になるのか等、感覚を掴んでおくことも大切です。また、ABSが搭載されている場合にポンピングブレーキを行うと、制動距離が長くなってしまうため、踏み込み続けるようにします。

Comments are closed.