最近の投稿

Archive for 1月, 2016

プラグインハイブリッドカーのバッテリーの種類と特徴

現在では高燃費を誇っている自動車がメインとして販売されていることになり、ガソリンをできるだけ使わない方法で、自動車を快適に走行させることを目的にした自動車が増えています。登場しているものの中にはハイブリッド車と呼ばれているものがあります。このタイプは電気モーターとエンジンの両方を備えているタイプになり、バッテリーを一定期間ごとに交換する方法で長期的に乗り続けることができます。一方で比較的新しいタイプでは、プラグインハイブリッドカーと呼ばれている車種があります。このタイプの特徴は大きなバッテリーを有していることになり、ガソリンエンジンを併用していますが、バッテリー部分は家庭用のコンセントから充電することができるように工夫されています。近距離走行の場合では電気のみの力で走行させ、長距離移動の場合ではガソリンを使う方法によって、不自由なく公道を走行させることができます。プラグインハイブリッドカーのバッテリーにはリチウムイオンバッテリーが搭載されていることが多く、このことによって耐久性を高めていることになります。災害時などでは、逆に充電を行っているプラグインハイブリッドカーから電源を取り出すことができ、あらゆる場面で活躍できる車種として用いられています。

ハイブリッドカーのバッテリーの種類と特徴

ハイブリッドカーには一般車と同じような電気系統の為の12ボルトのバッテリーも積まれていますが、電気を利用して駆動する部分がありますから、当然、駆動用バッテリーが搭載されています。初期のハイブリッドカーの駆動用バッテリーはすべてニッケル水素充電池でした。ニッケル水素充電池はパソコンのバッテリーや充電式乾電池にも使われている御馴染のものであり、コストが安く済むといった利点から自動車にも利用され、現在でもハイブリッドカーの駆動用バッテリーの主流です。しかし大型で重量があり、メモリー効果による弱点が指摘されていました。メモリー効果とはバッテリーが完に放電終了する前に充電を繰り返すと、次第に充電できる量が少なくなっていく現象を指します。そうなると駆動バッテリーを交換するしかなくなり、初期のハイブリッドカーでは車検時のバッテリー交換の費用等が懸念された事もあります。これに対しリチウムイオン充電池は携帯電話で使われているもので、大変小型で軽量でメモリー効果がない事で有利なのですがコストが高価な為、最新のハイブリッドカー数種で使われている状況です。最近ではニッケル水素充電池も小型軽量化、メモリー効果の減免に成功しているのです。

電気自動車のバッテリーの種類と特徴

ガソリンで作動するエンジンは、内部の機関で電源になる回路を組み立てながらモーターを動かしますが、環境の部分から言えば、効率よく使用するような様相が必要になってきます。それと対照的に電気自動車は水素と酸素の電気分解を駆使したシンプルな設計になっているので、これからの時代は特に重要視される内容となるわけです。また環境に優しい活動を企業でも推進していくような方向性が大事な側面になるため、自動車本体の価格とのバランスも考慮しながら安心できる装置を世に送り出す事柄が大切です。世界的にも注目するテクノロジーが詰まったこういった取り組みにも着目しながら、更なる実用化を目指して研究に励んでいくことが大事になります。
その一方で歩行者の立場になって設計された電気自動車においては、コンピュータ制御の質が十分問われていくことになるため、バッテリーの問題と照らし合わせて革新的なデザインをベースに開発していくことが重要です。電気自動車のバッテリーの種類と特徴を消費者の方も知ることで、実用化までの苦心やそれに見合う対価というものが見えてきます。最近では日本の自動車業界が世界的にも注目を浴びているため、より一層質の高いサービスを提供していくことが重要です。

バイクのバッテリーの種類と特徴

バイクのバッテリーには密閉式と開放式があります。密閉式はメンテナンスフリーバッテリーといわれ、近年の主流となっています。その特徴は名前の通りメンテナンスの必要がほとんどないことです。唯一必要なことはバッテリーの充電です。充電には専用の充電器が必要です。充電方法は充電器のプラスコードをバッテリーのプラス端子へ、同じくマイナスコードをマイナス端子につなぐだけです。注意点は配線を確実にすることです。間違えるとショートし故障の原因となります。プラス側は各メーカー共通で赤色をしているので確実に接続してください。開放式は従来型のバッテリーです。密閉式との違いはバッテリー液の補充が必要なことです。バッテリー液は環境や使用状況によって減る量が違います。バッテリー液が少なくなると電圧が低下しバッテリー上がりの原因となります。点検方法はバッテリーを側面から見て液面が上限と下限のラインの間にあれば適正量です。少ない時は補充してください。補充方法はバッテリー上部のキャップをはずしバッテリー液を適正ラインを目安に補充します。注意点はバッテリー内はセルといわれる板で仕切られているため12Vは6つ、6Vは3つに仕切られています。各セルごとに補充する必要があります。バッテリー液の減り方もそれぞれ違うので、液面の高さが同じになるように補充してください。

クルマのバッテリーの種類と特徴

クルマのバッテリーは、スターターや電装部品、各種コンピュータ機器などに電源供給やバックアップなどを行い、エンジン作動中は、オルタネーターによって充電される仕組みになっています。
バッテリーは、国産車の場合はJIS規格によって定められていて、大きさや性能などによって英数字の品番によって表記されています。
最初の2~3桁の数字は、性能ランクを表す数字で、数字が大きくなるほど始動性能や容量が高性能になり、蓄電容量と始動性能の総合性能によって定められていて、最小値は26で最大値が245となっています。
次のアルファベットは、バッテリーの幅×高さを表していて、A~Hまでの8種類があります。
次の2桁の数字は、バッテリーのバッテリーの長さを表していて、全部で10種類程度あります。
末尾のアルファベットは、プラス端子の極性位置を示していて、クルマに搭載した状態の時、プラス端子が左側にあればLで、右側にあればRとなります。
また、ハイブリッドカーは、品番の前に制御弁式バッテリーである事を示すSが表示され、アイドリングストップ機能の付いたクルマは品番が異なり、最初のアルファベットはバッテリーサイズで、次の数字は性能ランクで、末尾のアルファベットは、プラス端子の極性位置となります。

バッテリーチェックにはポイントがある

自動車には必ず無くてはならないものの一つにバッテリーの存在があります。バッテリーの役割は、エンジンを起動させるためにセルモーターを回す必要がありますが、それを回す上で用いられます。

普段運転している時にタイヤの回転などで発電されるので、それをバッテリーに貯めこんで起き、エンジン始動やカーナビ、ETCなどの利用にも活用されます。その点検方法としては、幾つかのポイントがあります。

まずエンジン起動がスムーズに行なうことが出来るかです。これは定格の電圧までなければ、セルモータ-がスムーズに回転しないのでエンジンがかかりにくくなることが多いです。

最もバッテリーが完全に上がった状態では、エンジンがかからなくなります。また目視によっても点検することが出来ます。液面がアッパーレベル以下ロワーレベル以上あることと、表面が湿った状態となっているか否かを確認します。

表面の湿り気については弱まってくると、電気分解のための泡が内部に発生して、それがキャップの穴等から溢れてくる症状があります。さらにテスターなどの計器を用いた場合では、エンジンを切って無負荷状態で測定して12.6V以上あれば大丈夫です。

なおより適格に測定する方法は、セルモーターを動かす程度の電流を取り出しながら測定する方法で、そういったバッテリーテスターがあるので、それを用いると良いです。

車両の発電容量と消費電力を知ろう

バッテリーは温度の上昇に敏感に反応していくような様相を見せるものが多く、車両全般でもこの内容が大きな変化をもたらす部分になってきます。冬場のバッテリー故障が多くなっている背景には、寒暖による差が影響しているため、ドライバーとしてはこういった内容に気を配っていく必要があるのです。また代替品が難しい特殊なタイプのバッテリーについては発電容量にも関係していくので、予備の製品を手元に置いておくようにする意識も大切です。
それに加え種類ごとで稼働率も違っていくため、バッテリーの消費電力には細心の注意を払っていくようにする意識が必要となってきます。システムの中核に相当する部位のひとつでもあるため、故障を引き起こさないように日々気にかけることが重要なのです。さらに高速道路上などでバッテリーを上げてしまうと、修理に時間を要することにもつながるので、定期的なメンテナンスも大切な行動となっていきます。
以上の事柄を冷静に見れば、バッテリーに関連する内容が現在どのようになっているかという部分が自然と見えてくるのです。素人には難しく見える情報であっても、重大な内容が実際のところは隠されています。発電の仕組みを学ぶことも大事なのです。

車両の電力供給はどうなってるの?

車に必要とされる電力は、エンジンの出力で発電した電気をバッテリーに充電して蓄えるという形で供給されています。エンジンや照明、計器など様々な箇所に必要に応じて分配する仕組みとなっています。消費された分の電力も繰り返しエンジンの発電によってバッテリーへと補充されます。バッテリーはとても重要な部品であると言えます。年々バッテリーの性能は向上していると言われていますが、あるデータによると走行時のトラブルで一番多いのは、キーの閉じ込みやタイヤのパンクを抑え、バッテリー関係のことであるとされています。
バッテリーのトラブルは主に、消費する電気の量が電力供給の量や蓄えてある電気の量を超えてしまったときに起こります。近年では電装品も増えているためこのようなトラブルが起こりやすいのではとも言われています。このようなトラブルを防ぐには、エアコンの温度やワイパーの使い方などに気を付ける事が大切です。ワイパーのゴムが古いままだと余計な負荷がかかり、バッテリーへの負担も重くなってしまうので、劣化したゴムは直ちに交換しましょう。その他、夜間にヘッドライトを使用する際にも電力消費を抑えるように気を配りましょう。バッテリー自体のメンテナンスも忘れずに行いましょう。

頻発しやすい!バッテリートラブルの種類を知ろう

自動車を構成する大事なパーツの一つにバッテリーがあります。電力を供給するという大切な役割を果たすものですが、基本的にはユーザー自身が管理するものなので、十分な管理が行き届かずトラブルを招くこともよくあります。
トラブルの代表的なものがバッテリー上がりです。この状態になるとエンジンをかけることができなくなり、走行不能の状態になってしまいます。ライトのつけっぱなしや過剰な電力消費、バッテリーそのものの寿命などがこのトラブルの原因です。このような状況にならないためには日々のメンテナンスが大切ですが、特に内部の液体は徐々に減っていくものですので、少なくなったらすぐに補充するように心がけましょう。
またこのバッテリー液の減少は、違う種類のトラブルを招く可能性があることにも注意しておかなければいけません。近年発生したバッテリーの破裂事故は、この液不足が原因とされているのです。メンテナンスフリーの製品も登場していますが、液体が全く減らないわけではありません。3カ月から半年に1回はエンジンルームを開けて目視で液面を確認するようにし、2年から3年の交換時期が来たらすみやかに新しいものに交換することが重要です。

ありがち!バッテリートラブル集

家族01車のトラブルの中でも特に厄介なものの一つがバッテリーに関するものです。
バッテリーは走行に必要な電力を供給するため、トラブルが起こってしまうと立ち往生といった状態になってしまうこともあります。
特に多いトラブルの原因が、バッテリーの劣化による充電不良です。
走行中はオルタネーターによって充電を同時に行っているのが正常な状態ですが、劣化によって充電効率が低下することで消費電力が充電されている電力を上まってしまうことがあります。
そのため、対策としては定期的に劣化具合を点検し、適宜新しい物に交換することが大切です。
また、バッテリー液が規定よりも少なくなっていると正常な充電が行われなくなります。
目盛りよりも水位が下がっている時には専用の充填液を足しておく必要があります。
一般的には蒸留水などを使用しますが、あまりに液が少なくなっている物は液を補充するだけでは効果がない場合もあるので注意が必要です。
また、夏場などにエアコンを長時間使用していると、同様に消費電力が過大になってしまい、バッテリー上がりを引き起こしてしまうことがあります。
特に渋滞中などでは充電効率が落ちてしまうため、たとえ交換したばかりのものでもトラブルのを起こしてしまうことがあります。